へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「華麗なるギャツビー」(1974)





ロバート・レッドフォード主演のオリジナル版。
ディカプリオ版を見てオリジナルってどんなんだっけ?とあまりの記憶のなさに逆に気になって見てみた(笑)。

バズ・ラーマンのわかりやすい演出を見た後では、
ストーリーがきっちり頭に入っているので、
美しい映像にどっぷりはまって見ることができた(笑)。

オープニングで映し出されるギャツビー邸の美しいこと。
屋敷のインテリア、クラシックカー、イニシャル入りのブラシやバスローブなど、リアルな質感がたまらない。

GG1.jpg
GG3.jpg
GG4.jpg

そしてギャツビーという主人公。
レッドフォードは本当に魅力的で、いまいちバックボーンが謎な雰囲気がいかにもギャツビー。
でもディカプリオのようなストーカーぽさや必死さは感じられない。
やっぱりデカプーは演技がうまいんだなあと思った(笑)。
もちろん、レッドフォードのサラッとした感じも私は好き。

今回数年ぶり(?)に見直して、実は好みの映画だということがわかった。
オリジナル版を見直すきっかけをくれたバズ・ラーマンに感謝。

[ 2014/09/06 18:28 ] その他の映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。