へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大木兄弟生誕祭@下北沢Club Que

131214_1806~001



毎年12/14に行われる、TheピーズのハルさんとTOMOVSKYという奇跡の双子(悪魔の双子?)生誕祭。

チケット争奪戦必至の人気イベントなので、発売日に雨でずぶ濡れになりながら近所のローソン端末に並びましたよ。
で、本当に運よくチケット取れて、めでたく初参戦。

トップバッターは2人ピーズ。
ドラムのシンちゃん(ピロウズ掛け持ち)がZepp公演だったので、普段はベースのハルさんがアコースティックギターに持ち替えて、アビさんとツインギターの編成。

2人ピーズは初めて見たんだけど、
いやー、よかった。
音にボリュームがないぶん、ボーカルがクリアに聴こえて、
ハルさんの声を堪能しました。
エレキに重なるアコギの音もよかった。
おなじみの曲たちが新鮮に聴こえる。

「日が暮れても彼女と歩いてた」では、トモフがドラムで参加。
そこでハルさんが
「優秀なミュージシャンはみんなZeppにとられちゃって。
もう必死ですよ、必ず死ぬと書いて必死」と。

【必ず死ぬと書いて必死】
ってすごい言葉!!!
本日の名言出た!と思いました(笑)

(※蛇足だけど、翌日のテレビで明石家さんまが『来年はこれでいく。今日が初公開』とか何とかで同じことを言っていて驚いた。シンクロニシティ!)


後半はバンドTOMOVSKY。
ハルさんはベースでそのまま続行。
ハルさん出ずっぱりですね。
トモフは最初から飛ばして、2曲目あたりですでにぜいぜい息切らしてる。
でもすぐに持ち直して、更にパワーアップしてしまうのがトモフマジック。
ステージをところ狭しと動くパフォーマンスに、
ギターと共鳴するピーンと張りつめたボーカル。
いつも不思議なんだよなあ。
どんな体力してんだろ?


その後は兄弟セッション。
まさかとは思ったけど、狩人の「あずさ2号」(笑)。
無駄に上手い(笑)。
大木家の風呂掃除中に歌っていたネタですとか言ってたけど、
こういう家の中でのみ通じるローカルネタを
大人になってからプロフェッショナルな芸に高められるのってすばらしい。
すばらしいけど、笑いすぎて腹筋痛くなった(笑)。

あとはビートルズナンバーを2、3曲。
いいライブだった。
でもそれだけじゃなく、エンターテイメントとしても最高。
お客さんの温かい気持ちが会場にあふれてた。
大木兄弟、愛されてるなあ。
来年もがんばってチケット取ろう。

[ 2013/12/14 11:30 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。