へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」

2230.jpg



「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」を見てきた。

1987年に熊本の阿蘇で行われたオールナイト野外ロックフェスのドキュメンタリー映画。

すごかった。
何がすごいって、その天候。
前日まで快晴だったのに、突然、滝のような雨、雨、雨。
鳴り響く雷。
会場には泥の川ができて、
誰かの靴が流れてくる。
そして一晩中、雨に打たれながら耐える観客たち。
その数7万人強。

なのに、主催者は「この程度の雨ではコンサートは中止しません」とアナウンス。
全然、“この程度”の雨じゃないのに。
ありえない(笑)。
いろいろ無謀な時代だったのだなあと唖然としつつ見た。

トップバッターはブルーハーツ。
奇跡的に雨が上がって、
ヒロトの笑顔がまぶしい。

再び雨が降り出して、
白井貴子が歌う時には大変なことに。
ギタリストは避難していなくなるわ、
機材トラブルに襲われるわ、
それでも上着を脱ぎ捨てて歌い続ける白井貴子。
しかも声がぶれてない。プロだ。男前だ。

ストリート・スライダーズもよかった。
ただでさえ気だるくルーズなサウンドなのに(笑)
雨の中でますます気だるく。かっこよく。
リハーサルの様子も映されてたけど、
ハリーと蘭丸が本当にかっこよすぎてどうしようと思った。
スライダーズ最高。

BOOWYもすごかった。
雨でもまったくいつも通りの完璧なステージに見える。
ヒムロックにかかれば、雨までまるで演出のよう。
雨に濡れて歌う姿はほとんどPV(笑)。
さすがだわ。

雨が夜通し降り続けて、
朝焼けと共に登場したのが佐野元春。
1000人が低体温症などで病院に運ばれたそうで、
過酷な夜を乗り越えてここまで残った者のみが聴ける「SOMEDAY」。
なんというサバイバル。
元春が神に見えた(笑)。

荒天にもかかわらずコンサートを強行した主催側、
オールナイトの野外イベントなのにピクニックに行くような軽装で来ているほとんどの観客、
連発するトラブルに混乱するスタッフたち。
みんながこういう過酷な体験をしてきて、
今の様々なフェスがあるんだろうなと思った。

[ 2013/10/31 23:57 ] 音楽映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。