FC2ブログ

へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

「キサラギ」

 次に、小栗旬主演の「キサラギ」。
 こちらは予想通り99%女性客でぎっしり。謎の死を遂げたB級ならぬD級アイドルのファン、ネットで知り合った5人がその命日に集まって──という密室劇。

 たまたま脚本の古沢良太氏がいた劇団の旗揚げ公演を見たことがあるのだが、これもほとんどそのノリで、舞台用に書かれたものなのかなあと思った(後で調べたら実際に舞台化されていた)。

 それはともかく、ただのアイドルオタクの集いかと思いきや、この5人の素性が徐々に明らかになっていき、舞台に変化がない代わりに、ストーリーは二転三転。まったく先が読めなくて、最後まで釘付け。
 監督の演出や役者の魅力ももちろんあるが、やっぱり脚本が相当面白いのだと思う。

 あと、公開前から話題になっていた香川照之の怪演には大いに笑わせてもらった。小栗旬もオタクなんだけど、急にいじける姿がかわいかったり。しかし、何と言っても私的にいちばんの男前はユースケ・サンタマリア。役名(ハンドルネーム)が「オダ・ユージ」というのにも爆笑だが、相変わらず、どんな演技をしても目が笑っていないあたりがいいんだなあ。



「キサラギ」オリジナル・サウンド・トラック
[ 2007/06/20 23:37 ] 映画か行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ