FC2ブログ

へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

「ニューヨーク1997」





久しぶりに「エスケープ・フロム・L.A.」を見たら、あっという間にカーペンタースイッチが入ってしまった。
で、「ニューヨーク1997」「セイリブ」「クリスティーン」と毎日1本ずつ見ている(笑)。

「ニューヨーク1997」は昔見たときはあまりピンとこなかったんだけど、一度スイッチが入ってから見ると、まあかっこいいこと、かっこいいこと。

囚人たちの巣窟となったマンハッタン島に大統領を拉致され、その救出にむりやり行かされる無法者スネーク(カート・ラッセル)。
スネークの過去がどうたらとか無駄な前置きはありません。
いきなり、ミッションか死かどちらか選ぶしかないスネークと我々観客。
しびれます。

で、その無法者に支持を出すのがリー・ヴァン・クリーフ。
もうね、これはマカロニ。
しびれないわけがない。

さらにゾンビのような奴らでいっぱいのニューヨークを縦横無尽に走り回るイエローキャブの運転手にアーネスト・ボーグナイン。
こんなに頼もしい味方はありませんよ、なんてたってボーグナインだもん。

そして、ならず者ばかりのマンハッタンを仕切るボスはアイザック・ヘイズで、そのブレーンがハリー・ディーン・スタントン。
おまけに大統領はドナルド・プレザンス。
なんて完璧なキャスティング。
見ているだけで惚れ惚れ。

こんなかっこいいスターたちを監督は淡々と映して、あくまでもストイックに物語は進んでいくのですよ。
なんてかっこいい映画。

あと面白かったのが、DVD特典で入ってる後のインタビュー映像。
アイザック・ヘイズがラストの爆発シーン撮影時のことを語っていて「アーネスト・ボーグナインの芝居の体験談を聞きながら、キャンプファイヤーの周りに座る子どものようで最高だった」と。
それは最高だろう。
私もいっしょにキャンプファイヤーしたい(笑)。

[ 2013/02/03 20:59 ] アクション映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ