FC2ブログ

へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

「探偵はBARにいる」


「探偵はBARにいる」



少し前に109シネマズMM横浜で「探偵はBARにいる」見てきた。
スクリーン入り口で主人公の探偵がいるバーの名刺をくれた。
こういうの、うれしい(笑)。

映画は大泉洋の独壇場。
彼なしでは成り立たない完璧なはまり役だと思った。
大げさだけど、日本映画史上にまたひとり名探偵が誕生したと感じたほど。

これはたぶんモノローグの面白さが決定打で、大泉洋のセリフ回しのうまさなのか、脚本のよさなのかわからなかったけど、とにかく絶妙。

で、エンドクレジットで気をつけて見たら、脚本は古沢良太(共同脚本)。
「キサラギ」のオリジナル舞台版と映画版、両方を手掛けた人だ。
私、ちょっとだけファン(笑)。

本作は、「傷天」とか「探偵物語」とか70年代の探偵ドラマ風に洒落てる中にも、ちゃんと泥臭さも漂う昭和テイストがいい。
単なる昭和レトロを気取ってるんじゃなくて、「Gメン75」とか「特捜最前線」とか、浪花節で地に足のついた昭和をしっかり引きずってる。

ただ、泥臭いのはいいとしても、披露宴からラストにかけては、私的にはもっとドライな方が好み。
これはハードボイルドじゃないよね。

あと、松田龍平の本格的なアクションって初めて見た気がするけど、すごくスクリーン映えするのでびっくりした。
手足をぶんと振り回すのが絵になってる。
なんか若い頃の文太さんの立ち回りを思い出した。
もっと松田龍平のアクションものを見たくなった。

[ 2011/09/27 23:18 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ