FC2ブログ

へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

「エクスペンダブルズ」

ブロマイド写真★『エクスペンダブルズ』シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー/5人
「エクスペンダブルズ」



シネプレックス平塚で最終週の「エクスペンダブルズ」。

レディースデイだというのに、チラッと見渡したところ女性2、3人で、あとは全部男性客。
さすがスタローン。

いやもう、スタローンのいいアニキっぷりが全編からひしひしと感じられる映画だった。
豪華出演者それぞれに見せ場を作ってあって、全然エクスペンダブルズ(消耗品)じゃないよね(笑)。
ひとりひとりをものすごく大事に撮っている映画。

業界から干されていたのに見事復活したミッキー・ロークの姿がうれしい。
まあ、パイプを持つ彼の手が小刻みにプルプル震えているのが妙にリアルで大丈夫なのか?と心配になったけど(余計なお世話その1)。

あと、ジェイソン・ステイサムがすごくいい役だった。
もちろん主役はスタローンなんだけど、W主演といってもいいくらいの大きな役。
スタローンが次世代のアクションスターとしてジェイソン・ステイサムを買っている、そんな感じが伝わってきて、なんだか感動した。

それから、ジェット・リーもよかった。
アクションのできる東洋人なら誰でもいいような役じゃなくて、ちゃんとジェット・リーのキャラクターを生かした役で、久しぶりにリンチェイの肉声を聞いたような気がした。
小柄な体格ならではのアクションもバッチリ。
と思ってエンドロールを見たら、ジェット・リーのカンフーシーンだけコーリー・ユンが指導していた。
だったら「トランスポーター」でおなじみなんだしジェイソン・ステイサムのアクションもコーリー・ユンに任せればよかったのに(余計なお世話その2)。

エンドロールといえば、最後に長渕剛の主題歌が流れたら、会場のあちこちから「ぷふっ」とか「ふんっ」とか失笑にも似た声が…。
長渕アニキ!笑われてますぜ!
え?私?わ、笑ってませんっ(キリッ)。


[ 2010/11/17 00:38 ] アクション映画 | TB(0) | CM(2)
ジェット・リーの映画「海洋天堂」
しみずさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8
[ 2010/11/23 08:12 ] [ 編集 ]
はじめまして。
確かにこのご時世、日本公開が難しそうな映画でありますね・・・。
リンチェイファンのみなさんの熱さは
「ダニー・ザ・ドッグ」での時にひしひしと感じております。
そちらのサイト、後ほど拝見させていただきますね。
[ 2010/11/24 02:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ