へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「日々ロック」





最終週にすべり込みで見てきた。

なんてったって主題歌が爆弾ジョニー、
劇中演奏は黒猫チェルシー、
楽曲提供に忘れらんねえよと爆弾ジョニーのりょーめー、
監督は「サイタマノラッパー」「劇場版・神聖かまってちゃん」の入江悠。
これは見るしかない。

映画は期待通り、
いや、期待以上にバカでイタくて切なくて痛快なロック映画であった。

うだつの上がらないロックバンドの主人公、
売れっ子アイドルだけど魂はロケンローラーなヒロイン、
2人を取り巻く仲間と大人たち。

うまく言えないけれど、
入江監督の撮る画面には嘘がない。
映画だからフィクションなんだけど、スクリーンに映し出される景色はいつだってリアル。
雨が降ればちゃんと湿った空気が伝わってくるし、
ライブハウスのシーンでは籠って煙い匂いがしてくるよう。

それから、この映画で何よりリアルだったのは音質。
ライブハウスの中と外で聴こえる音の違い、
窓を開けた途端に飛び込んでくる屋外の音、
歌や曲が大切な映画だけに、音へのこだわりがうれしかった。

あと、ヒロインを演じた二階堂ふみが最高。
すごくかわいいのに、お酒を飲むと激変。
男子相手に蹴りを入れる勇ましさ、凛々しさときたら。
しかもその蹴りがすばらしい。
あれはいい蹴り。

劇中の音楽はどれもよかったけれど、
エンドロールで流れる爆弾ジョニーがやっぱり一番。
彼らはライブが最高なんだけど、
映画館の音響で聴く爆弾ジョニーも格別。
これで二十歳そこそこのバンドとは末恐ろしい。
初めてライブを見たときは、
りょーめーのカリスマ性にも驚いたけど(あんなに衝撃を受けたのはヒロトを初めて見たとき以来)
ギターの音にもびっくり。
二十歳の出す音じゃないよ(笑)




スポンサーサイト
[ 2014/12/25 20:52 ] 音楽映画 | TB(0) | CM(0)

「西遊記~はじまりのはじまり~」

20141203.jpg



チャウ・シンチー監督最新作。
今回はシンチーは出演せず、監督に専念した映画ということで、
実はちょっと不安だった。

これは監督としてのシンチーの真価が問われるわけで、
映画監督チャウ・シンチーの才能を買っている身としては、
楽しみ8割、不安2割というところ。

で、「西遊記」。

シンチーが出ていなくても、
どこから見てもシンチー印。
主演俳優までシンチーに見えてくる。

相変わらず、ギャグはくだらなく幼稚で下品で、
子どもにも容赦なく残酷で、
ロマンスはひねくれてる。
この「相変わらず」が何よりうれしい。

それにしても、ホラー映画かと思うような妖怪の恐ろしさ。
姿の見えない巨大魚には怯えさせられたし、
孫悟空も邪悪で生々しい。
笑うところでは笑わせ、怖いところでは怖がらせる。
こんな当たり前のことが、どんなに難しいか。
映画監督チャウ・シンチー本領発揮。
やはりシンチーは天才だ。
娯楽映画の天才。

それからヒロインのスー・チーが面白かった。
妖怪ハンターなんだけど、めちゃくちゃ強い。
主人公(男)より強い。
で、主人公に惚れてからのアプローチが変(笑)。
でもね、それがすごくかわいい。
コメディエンヌ、スー・チーの魅力爆発。

あと先に書いたけど、ギャグがもうね。
下品すぎてここには書けない。書きたくない(笑)。
ここで声に出して笑ったら絶対、私の人格を疑われる!
そう思っていたのにダメだった。
我慢できずに声を出して笑ってしまった。
どうしてくれるシンチー…。

とにかくね、久しぶりにベタな香港映画を堪能しました。
ラストは、あ、西遊記ってこうやって始まるのか!と
これから始まるであろう壮大な物語に想いを馳せる余韻付き。

あー、早くも続きが見たいよ!シンチー!

[ 2014/12/03 23:21 ] 香港・アジア映画 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。