へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ARABAKI ROCK FEST.14】2日目


アラバキロックフェス2日目はhotspringでスタート。
2年前の初出演時も見てて、
どストレートなロックンロール大好きバンドだなあと印象に残っていた。
彼らの代表曲「45回転」はものすごくキャッチーで、
2年前に一度聴いたっきりなのに、いまだに歌える(笑)。
今年はルースターズの「FADE AWAY」を気合入れてカバーしてくれて、
朝から最高です。
来年も来てほしいな~。

次も若手で忘れらんねえよ
メロディがいちいちすばらしくて引き込まれる。
いい歌うたうよねえ。
ボーカルの人「10年間好きだった子が婚約してしまいました!」とヤケクソ気味のMCに、ヤケクソ気味のシャウト。
こういう芸風、嫌いじゃないです(笑)。

そのままヒックスヴィルwith加藤ひさし&古市コータロー
ピーズのTシャツ着てたりピーズタオルを巻いた人がいっぱい(笑)。
加藤さんののびやかな声が津軽ステージに広がって、いい時間。
ゆったり座りながら見ました。

初めて見る原爆オナニーズ
いや、すごいね。
後ろでモッシュにサークルに土埃ハンパない。
楽しかったです(笑)。

そして本日の私的メイン、Theピーズ
毎回そうだけど、アラバキのピーズを見ると泣きたくなる。
というか泣いてる(笑)。
特に今回は「グライダー」だもんね。
「いちゃつく2人」はのイントロはDr.フィールグッドからパクッたとハルさん。
気づかなかったわ…
ジッピー・メイヨ時代が好きみたいです。

その後は9mmACIDMANを見ながら日が暮れて、
来ましたよ、待ちに待ったLAUGHIN'NOSEが!!

ラフィンが宮城のフェスに登場するのは、
おそらく80年代のロックンロールオリンピック以来ではと思う。
もうね、全力でお帰りなさい!チャーミー!って気持ち。
MCほとんどなし、怒涛のパンクロック。
鳴り止まない「ゲット・ザ・グローリー」コール。
何度も客席に飛び込むチャーミー。
私も最前列で柵に立つチャーミーの足を必死で支えました。
かつて日本のインディーズシーンを支えたラフィンの足を、
今は私が支えている!と感無量(笑)。
ラフィンノーズ健在。

ラフィンの熱に浮かされたまま移動して、
初恋の嵐
百々のゲストボーカルを見て私のアラバキは終了。
ハンドマイクで絶叫する百々はイギー・ポップみたいだった。
すてきなラストをありがとう百々。

遠藤ミチロウや町田康、ラフィンノーズまで見れるフェスって他にある?
こういうアーティストが出演する限り、
私はアラバキに通い続けるんだろうな。
来年も行けるようにがんばります。
ありがとう荒吐!

スポンサーサイト
[ 2014/04/27 22:54 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

【ARABAKI ROCK FEST.14】1日目

DSC_0007a.jpg



今年も行ってきました。
アラバキロックフェス!

初日は爆弾ジョニーからスタート。
去年、新設の支倉ステージで見て、
その鮮烈さに打ちのめされた才能も勢いも若さも有り余ってキラキラピカピカしてるバンド。
まあ、朝っぱらからギターがいい音聞かせてくれますよ。
これで20歳とか末恐ろしい。
ボーカルりょーめーの歌声がまっすぐ心に届くんだよね。
その昔ブルーハーツを初めて見た時と同じような衝撃。

次は大きな陸奥ステージでMONGOL800
「小さな恋のうた」は大人も子どもも大合唱。
去年は大トリで今年はメインステージのトップバッター。
アラバキの顔といってもいいかもしれない。
お客さんみんなノリノリで楽しかったです。

その後は贅沢にもTRICERATOPSを聴きながら早めのお昼。
石巻やきそば、いか焼き、玉こんにゃく。
あー、おいしい。

THE GROOVERSはちょうど空いてたので、
まんまと最前列ど真ん中で土屋公平とのギターバトルを堪能。
渋い渋い。
こういうのを思う存分聴けるのがアラバキだよなあ。

最前列でそのまま真心ブラザーズ
リズム隊を従えた4人編成のバンドで登場。
いやー、かっこいい。
2人でゆるゆる聴かせる真心もいいけど、
かっこいいのはやっぱりバンド。
YO-KINGフル回転の「スピード」もよかった。

そして、わたくし本日のメインTOMOVSKY
せっかくスーツできめて登場したものの、
みるみるブーツ脱いで靴下脱いで裸足になるトモフ。
アラバキのトモフはテンション高い!
ハルさんもそんなトモフに「飛び込め!」と(笑)。
まあ、飛び込まなかったけど(笑)。
終了後は「よかった!」「楽しかった!」と
ウキウキした声がまわりから聞こえてきた。
トモフ!またアラバキに来て!

トモフの余韻を引きずりつつ、
途中から“北のまほろばを行く”。
遠藤ミチロウが「天国への扉」を、
CHABOが「マイ・ウェイ」を日本語でそれぞれカバー。
あまりにすばらしくて泣きそうになってしまった。

初日最後はNight with LOU LEED
ルー・リードのトリビュートセッション。
百々の「White Light/White Heat」ノイジーでよかった。
あと何といっても町田康の「RUN RUN RUN」!
町田康が出てきただけで客席の空気がガラリと変わる。
ものすごい存在感。
こういう体験ができるのもアラバキならでは。

爆弾ジョニーでスタートして、
町田康で締めたアラバキ初日。
初日から濃いね(笑)。

[ 2014/04/26 22:47 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

ボブ・ディラン@東京最終日

ボブ・ディラン@東京最終日。
泣いても笑っても私のディラン通いはこれでおしまい。

で、その東京最終公演が最高だった。
今回5公演通ったうちのベスト。

あんなにやわらかい表情と動きのディラン初めて見た!
観客を見る視線が慈愛に満ちて(「ラスト・ワルツ」のフォーエバーヤングの時のように!)
観客の掛け声に打てば響くように歌と演奏で応えるディラン。
観客がのればディランもみるみるのってくる。
その一体感が最高!

東京最終日にして、ディランとバンドは今までで一番リラックスしているように見えた。
演奏もノリノリ。
この長かった東京公演が壮大なウォーミングアップだったんじゃないかと思えるほど(これはこれで複雑だが…)。
これから各地でディランを見る人たちが本当にうらやましい。
だってどんどんよくなるよこのバンド。

今回のディランはロックンロールではないかもしれない。
ジャズ、ブルース、カントリーなどアメリカのルーツミュージックをディランの解釈で消化させたステージ。
セットリストは変わらずとも観客の反応次第で生き物のように変わる歌と演奏。
音楽のうねりに身を任せることができれば最高に楽しめるライブ。

Bob Dylan and his Band!
夢のような2週間をありがとう!

今回のディランTシャツ。
3枚を日替わりで着ました。
140409_1323~001

[ 2014/04/10 23:10 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

ボブ・ディラン@東京7日目

140325_1934~001



ボブ・ディラン@東京7日目。

前半になんと機材トラブル発生。
ひどいノイズが鳴る中、ディランはピアノを弾き続けるもしかたなく中断。
一旦袖へ。
その後ステージに出てきて何をするでもなく、ただ通り過ぎる神様……
面白すぎる(笑)
こんなディランが見れるとは(笑)
結局20分近く中断してたと思う。

来日アーティストでこんなトラブル(しかも超大物)初めて見たなあ。

機材トラブル回復後は、
今までこじんまりまとまってたバンドの演奏もやや崩れて、
ディランのピアノもくだけた調子で、
いやあ、待ってました!
こういう演奏を私は聴きたかったのよ!
ベースのトニーはニコニコしてるしチャーリーものってたなあ。
トラブルに感謝(笑)

今回の公演は途中に休憩が入る2部構成なんだけど、
今日はトラブルによる中断があったので、思わぬ3部構成に。

それにつけても2部最初の「ハイウォーター」がかっこいい!
カントリーブルースっていうのかな。
ギターとバンジョー(?)の掛け合いがたまらない。
私、今回の公演ではこの曲がいちばん好き。

あと、アンコール「風に吹かれて」でピアノからセンターのマイクに戻る時、
ディラン小走りになってたような。
神様の小走り!(笑)
見間違えだったらごめんよディラン。

[ 2014/04/08 23:04 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

ボブ・ディラン@東京4日目

140331_1725~001
ダイバーシティ5Fのタワレコでボブ・ディランパネル展をやってました。


ボブ・ディラン@東京4日目。

今日のディランライブは私史上見たことない良番。
ライブハウスに生まれて初めて先頭で入りました…。

ディランとバンド、本当に最高だった。
ライブ終わって家に着いてもまだボーっとしている。
今回の公演3回行ったけどお客さんの盛り上がりもバンドのノリも私のテンションも(笑)今日が最高潮だった。
ディラン最高。

今日やった「Huck's Tune」てライブで初めて演奏されたらしい。
この曲がライブで披露されたのは世界初とのこと。
いやはや、すごいもの聴いちゃったんだな。
退場するとき後ろの人たちが「あれは世界で初めて演奏されたんだよ」とか話してて「へ?」て思ってたけど、
みなさんよくご存知!

バンドの演奏は昨日までもよかったけど、
今日ほど音が気持ちいい日はなかった。
ジャズとかブルースが好きな人はハマると思う。
しかし同じ曲、同じメンバーでやってるのに、なんでこんなに毎回違うんだろう。
ライブ終わってすぐにまた次が聴きたくなって困る。

今回のディランは3回目にして、どっぷりはまった感じ。
一度はまると中毒性あってなかなか抜けられないんだよなあ。
寝ても覚めても頭の中はディランだよ。
まいった。

[ 2014/04/04 23:59 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

ボブ・ディラン@東京3日目

140331_1724~001



ボブ・ディラン@東京3日目。

初日とセットリストはほぼ同じかな。
CDとアレンジは違えど私の耳も慣れてきて、やっとどの曲かわかるようになってきた(笑)
まあ、そんなファンの事情など関係なく、神様は今日も絶好調でピアノが冴える冴える。
ディランのピアノ、ジャジーで好きだなあ。

初日に引き続きアルバム「テンペスト」からの曲が多め。
で、その中の「Early Roman Kings」がずっしりどっしりブルースでほんとに最高!
だけど、その後の「Forgetful Heart」が微妙にムード歌謡っぽくて笑ってしまうんですけど。
すみません神様。

あと今回のバンド、おとなしめというか控えめという印象。
ディランのピアノに合わせてカッチリ音作りしてる感じ。
もっと崩れたジャムセッションが見たいなあ。
「見張り塔からずっと」になるとチャーリーのギラギラしたシルバーのギターがギュインギュイン言いたがってるように私には見えるよ(笑)

今日はステージにディラン用のギターがすぐ弾けるように置いてあって、
お客さんみんな、弾くのか?弾くのか?と期待してる雰囲気だったんだけど、
神様はギターの前に行っては何もせずしれっと戻ってきて、
そのたびに一喜一憂する観客…という場面が何度かあった。
神様、いけず(笑)

[ 2014/04/03 23:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。