へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボブ・ディラン@東京初日

140331_1735~001



ボブ・ディラン@東京初日。

待ちに待ったボブ・ディラン。
4年ぶりのディラン。
もしかしたらこれが最後の来日かもしれないので、
できるだけ通うつもりで東京公演スタート。

神様は酒場で演奏するジャズバンドのような自由さで中央のマイクとピアノを行き来して上機嫌!
セットリストはほとんど最近の曲な上、CDと違ってて途中までわけわからないんだけど、あれ?これ何の曲?と考えたら負けです(笑)
考えるな!感じるんだ!なライブ。

アンコール1曲目は「見張り塔からずっと」。
私はこれが聴きたくてディランのライブに行っているというくらいライブの「見張り塔」が好きで。
今回の「見張り塔」はディランのピアノが印象的で、あー、こういう「見張り塔」もあるんだなとまたまた感動。
これ聴くためにまた行きます。

それにしてもディランのバンドメンバーはすごいよなあ。
ディラン本人が自由なだけに、バックは演奏中ずっとディランの一挙手一投足をうかがってるように見えた。

あとチャリ坊ことギターのチャーリー・セクストンがすごくダンディになっていた。
もうチャリ「坊」とは呼べない(笑)
BPN6dvkCQAE91ym.jpg

スポンサーサイト
[ 2014/03/31 23:52 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

TheWolfofWallStreet_iTunesPre-sale_1400x2100.jpg



「ウルフ・オブ・ウォールストリート」@109シネマズ湘南

いろいろあるけど、まずは…

スコセッシ長いよ!暑苦しいよ!
まあ、いつものことか(笑)

それにしてもパワフルな映画だった。
スピーディな語り口と、短いカットを繋いで畳み掛ける映像で、
ポンポンとストーリーは進み、
ウォール街の洗礼を受けたデカプーが
あっという間に路頭に迷い、
ガレージで会社を立ち上げたと思ったら、
みるみるうちに大物になってやりたい放題。
まさにジェットコースター。

編集がいいのかな。
スコセッシとよく組んでる人だよね。
長いけど(まだ言ってる)。

デカプー、よかったなあ。
人をたらしこむ話術が見事で、
オーソン・ウェルズみたいだった。

あと、ドラッグでヘロヘロになって、
地面を這って車までたどり着いて帰宅するシーンとか、
飛行機で羽目外して目覚めたらシートに縛り付けられてるところとか、
だらしない演技がほんと最高。
最低なことやってもなぜか憎めない。
周りからもクスクス笑いが聴こえて、見ていて楽しかった。

でもデカプーの演技で一番うまいと思ったのは、
浮気とかバカやったりしたのが奥さんにバレて、
水をぶっかけられながらも必死に言い訳して奥さんの機嫌をとる様子。
あれは板に付いていた(笑)。
「レボリューショナリー・ロード」でも思ったけど、
奥さんに叱られてシュンとなる演技がうまい(笑)。

ついでに、背中にロウを垂らされてギャー!と叫ぶシーンも笑った。
デカプー、コメディセンスあるよね。
デカプーのコメディもっと見たい。

[ 2014/03/12 22:36 ] コメディ映画 | TB(0) | CM(0)

ローリング・ストーンズ@東京ドーム

140226_1716~001



行ってきました!ストーンズ!!
全3公演のうち初日と最終日の2公演!

1990年の初来日から24年。
ストーンズのライブは8~9回目でしょうか。
何度見ても、またすぐに見たくなる。
そして、見れば見るほどストーンズが好きになる。
ストーンズマジックです。

で、私的には10数年ぶりのストーンズ。

初日からもう大興奮。
イントロ聴いたらどんな曲でもイエーイ!
だってこんなにいちいちイントロのかっこいいバンドなんてない。
中2でストーンズにはまってロックに目覚めた日から、
私にとってロックの基準、バンドの基準はすべてストーンズ。
すなわち、ロック=ストーンズ。
バンド=ストーンズ。

しかしながら、初日のキースは元気がなかった。
見るの10数年ぶりだから、こんなもんだっけ?と最初は気にしなかった。
でもね、手が上がらないし、なんか背中がしょんぼりしてるし、
何よりおとなしすぎる(笑)。
ちょっと体調崩してたみたいです。

で、それをカバーするかのようなミックの孤軍奮闘っぷりがすごかった。
正直言って最初は、ミックが老体にムチ打って痛々しい感じだったら見るの辛いかな~って思ってた。
いやいやいや。
ミック・ジャガーなめてました。
全然、余裕。
むしろ自然体。
以前にはなかったような優雅ささえ漂う動き。
あれはダンディズムです。
ロックとダンディズムの融合。
英国紳士がロックンロールするとこうなります、という感じ。


↓タンクトップを購入。
It's Only Rock'n Roll!!
BhaajTFCcAAyEmi.jpg


そんな初日とはキースのコンディションがガラリと変わった最終日。
「ガハハ!!」とマイクを前に照れたように大笑い!
ああ、これが私の知ってるキースだ~!!とうれしくなった。
「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」から始まるセットリストも最高。
「ギミー・シェルター」のギターも最高。
「ミッドナイト・ランブラー」でのミックとの掛け合いも最高。
全部最高。

ちなみに私の大好きな「ダイスを転がせ」と「ホンキー・トンク・ウィメン」は両日ともやってくれた。
大声で歌って拳を振り上げまくったのは言うまでもない(笑)。

ストーンズ大好き。


↓好きすぎてキースのインタビュー本買いました(笑)
140306_2356~001


[ 2014/03/06 23:21 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。