へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソウル・フラワー・ユニオン/バンドTOMOVSKY@渋谷O-WEST




渋谷0-WESTで、ソウル・フラワー・ユニオンとバンドトモフスキーの対バン。
あ、正確にはソウル・フラワー・ユニオン主催の2日間に渡る闇鍋音楽祭の1日目で、バンドトモフはゲストの扱い。

明らかに待ち時間からトモフファンとしてはアウェイな雰囲気(笑)。
でも、そのおかげで(?)決していい整理番号ではないにもかかわらず、トップバッターのトモフのステージはかなり前方で見ることができた。

その日のトモフはソウルフラワーファンからの野太い声援に上機嫌。
ノリがよくて陽気でパワフルで、いやー、いいなあ、ソウルフラワーファン!

トモフ、毎年恒例クリスマスイブのワンマンライブを今年は12/23にやると決まったそうで、その報告。
で、「23」だから「にーさん」とハルさんが言ったのを皮切りに大木兄弟による小芝居開始。
本当の兄弟ではないという設定。
つまらない(笑)。

でも、音楽はいつも通り最高。
ちょっと持ち時間が短かったのが残念。






次はソウル・フラワー・ユニオン。

初めてライブ見たけど、すごいね!
とにかくもう、歌も演奏も重厚!!濃厚!!

お客さんは踊りまくりだし、曲によっては大合唱しまくりだし!!

その大合唱を聴いていると、まるで革命派の集会に紛れ込んだような錯覚に陥った(笑)。
バックには反原発(脱原発かな)のイラストが掲げられているしね。

あと、大のオトナたちが「核よりおっぱい!」と連呼するインパクトといったら!
いや、すごかった。
骨太なライブ、満喫いたしました。

アンコールでは、なんとトモフも出てきて1曲セッション!
トモフの対バンは何度か見てるけど、セッションは初めて見た。
トモフも楽しそうだ~。
ソウルフラワーの中川さんとは25年ぶり位の再会だとか。
ロックンロールオリンピック以来と言ってたなあ。

ロックンロールオリンピックってのは、仙台で昔開催されていたフェスで、
高校時代に私も2回ほど行っている。
このフェスで日本のロックに目覚めたといっても過言ではない。
カステラは見たことないけど。
というわけで、R&Rオリンピックの名前が出てきただけで、なんかうれしいのでした。

スポンサーサイト
[ 2013/03/23 22:50 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

TOKYO NIGHT SHOW@赤坂BLITZ

130319_1627~001




赤坂BLITZで「TOKYO NIGHT SHOW」。
3バンド出演のライブ。
私の好きな人たちばかり出るので、それはもう楽しみにしていた。

トップバッターは、池畑潤二・井上富雄・ヤマジカズヒデのユニットOCCUPY。
池畑さんのドラムがビシバシ響いてかっこいいのなんの。
休みなく、しかもどんどんスピードアップして叩きまくる様子はまるでマシンガンのよう(笑)。
ヤマジのギターにも聴き惚れた。
グィーーンってなんともいえない好きな音。
曲はDr.フィールグッドの1曲しかわからなかったけど、いやー、よかった!
ゲストで元バースデイのイマイさんが出てきて、ニール・ヤングの「Helpless」を。
これもよかった。

2番手は私的に大本命Theピーズ。
なかなかレアな曲の中にうまく定番曲を入れたセットリストで、私もう大興奮(笑)。
飛び跳ねすぎて押されすぎて酸欠の一歩手前、命の危険を感じました(笑)。
でも幸せ(笑)。
エキサイトする観客にハルさんもご満悦で、何度も前に出て派手なアクション!
私の好きな「負け犬」もやってくれて、念願の「プライドがなんだーー!プとラとイとドだーーーっ!!」と叫ぶことができました。
ピーズ最高。

トリはThe Birthday。
安定のかっこよさ。
前にここでワンマンをやったとき、チバが赤坂って言えなくて「あさかさ」って噛んじゃったんだけど、今回はきちんと「赤坂~!」と言えました(笑)。
あと、「スプリング・ハズ・カム!」と叫んだ後で「なんとかドットコムみたいだな」とぼそっ。
始めざわついた観客もそのうち「カムとコム…」と気づき、苦笑ムードに。
「ム」しか合ってない(笑)。
演奏はあんなにかっこいいのに…チバ。

[ 2013/03/19 23:41 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

「ビッグ・ボーイズ/しあわせの鳥を探して」





DVDレンタルで「ビッグ・ボーイズ/しあわせの鳥を探して」。

スティーヴ・マーティン、ジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソンという私にとってのオールスターキャスト!

そして、この3人がバードウォッチング(笑)。
ああ、たまらない。
見る前から、こんな3人とバードウォッチングなんかしたらウザくて仕方ないだろうと想像できる。
でも、したい(笑)。

この映画で描かれるバードウォッチング、ただの野鳥観察じゃない。
1年間で800種とか桁外れの鳥を見てカウントする自己申告制の世界大会。

会社社長のスティーヴ・マーティン、仕事もパッとしなくて彼女もいなくて後がないジャック・ブラック、世界一のウォッチャーだけど並外れた鳥好きで妻から見放されそうなオーウェン・ウィルソン。

みんな共通するのは、鳥が好きで好きでたまらなくて、どんなに仕事が詰まっていようと、家族が嫌な顔をしようと、「あの鳥がいたよ!」という目撃情報をキャッチするや否や、車・飛行機・船と手段を選ばず駆けつけるところ。
ほんとの鳥バカ。

途中、オーウェンを除いた2人がタッグを組むんだけど、なんかもう、スティーヴ・マーティンとジャック・ブラックが 仲良く並んで車に乗ってるだけでほんわか幸せな気持ちに。
なんて幸せなツーショット!

あと、オーウェンの役はたしかに姑息でセコい奴なんだけど、世界一になる人は、運や作戦や性格以上に、情熱がまったく違うんだなあと感心した。

登場する鳥たちもきれいでよかった。
特に雪山でじーっと佇んでいるフクロウの神々しさといったら。

バードウォッチング、深いよ。

[ 2013/03/18 23:18 ] コメディ映画 | TB(0) | CM(0)

「モンスターズクラブ」





DVDレンタルで「モンスターズクラブ」。

人には薦められないけど好きで好きでたまらなくなるような映画って2~3年に1本くらいある。
これは私にとってそんな映画でした。
今回はレンタルで見たけど、後ですぐにDVDを注文してしまった。

雪深い山奥に籠って、電気も水道もなく自給自足の生活を送るストイックな爆弾魔(瑛太)。
彼の生活が規則正しくあればあるほど、あれ?頭おかしい?と感じる不思議。

ソローの「森の生活」や映画「イントゥ・ザ・ワイルド」のような静かな狂気を感じました(「森の生活」に狂気を感じるのは少数派かもですが)。

そんな孤独な爆弾魔を悩ますのが、妄想に出てくる白塗りのモンスター。
これって監督が実際に見たものでは…と心配になる妄想ではあります…。

彼にはモンスターだけでなく、死んだ兄と弟も見えてしまいます。
特に兄の存在は大きくて、今住んでいる山小屋を作ったのも兄だし、愛読している本も兄のもの、思想も相当影響を受けているものと思われます。

で、この兄が窪塚洋介。
まあ、この人の映画の中での存在感といったら。
今まで瑛太を見ながら「この人、頭おかしいなあ」と思っていたはずなのに、窪塚洋介が出てきた途端、瑛太が常識人に見えてくる。
出てくるだけですべて持っていく、俳優・窪塚、健在。

あと、弟役のkenkenはRIZEのベースとしては知ってるけど、演技を見るのは初めて。
不気味できれいでよかったです。
ロケンローラーは独特の雰囲気があるよね。

さて、兄の亡霊に「お前は爆弾を送りつけることで社会との繋がりを持っている。そんな半端な考えでは駄目だ」とか何とか言われ、壊れていく爆弾魔。
もう、彼の痛々しさからは、世の中に絶望しているのに、社会との関係を断ち切れない、人間の魂の叫びが聞こえてくるようでした。

瑛太が佇む雪原の美しさに心うたれる72分。
この絶妙な上映時間でバサッと切る潔さこそ豊田監督。
しびれました。

[ 2013/03/13 21:49 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)

「密告・者」





DVDレンタルで「密告・者」。

古今東西、ノワールといえばこれ。
警察の“いぬ”、内通者ものです。

内通者担当の刑事役にニック・チョン。
ニック・チョンはチンピラとか犯罪者とか、追い込まれてギリギリでキレキレの役が似合うと思ってたけど、刑事もいいな。
なんか、ニック・チョンならなんでも良くなってきた(笑)。

しかし、刑事といえどニック・チョン。
自身の正義感と良心と私生活に追い込まれ(?)ちゃんとギリギリキレキレになってくれます。
後半は血まみれ!
期待を裏切りません(私の)。

内通者役はニコラス・ツェー。
犯罪組織のボスの女(グイ・ルンメイがすばらしい!)と逃げてしまうんだけど、この吊り橋効果な2人の雰囲気がとてもいい。
美男美女だからってのはもちろんだけど、刹那的な感じがなんともいえず。

あと、ところどころで俯瞰ショットの美しさにハッとする映画でもありました。
カーチェイスでの交差点、部屋から逃げた先の細い通路、そしてラストの乱闘シーンで無造作に椅子の積み上げられた廃校の教室。

教室を後にするニック・チョンの背中のかっこいいこと。

エピソードを詰め込みすぎて少しごちゃごちゃしてるけど、好きなシーンですべて帳消しになるような、愛すべきノワールでした。

ニック刑事!

[ 2013/03/09 00:34 ] 香港・アジア映画 | TB(0) | CM(0)

「ビースト・ストーカー/証人」





DVDレンタルで「ビースト・ストーカー/証人」。

車の衝突事故をきっかけに、事故にかかわったそれぞれの人たちが複雑に絡み合っていく話。
いやー、これは人間関係がややこしかった。

いや、単に私がバカなのかもしれないけど(笑)。
私としてはもっとシンプルな方が好み。

で、よかったのが、誘拐犯役のニック・チョン。
ヤクザの鉄砲玉とか、なんていうか、やぶれかぶれで後がない役がよく似合う。

今回は小さな女の子を誘拐するんだけど、なんだかなー、根っからの悪人には見えない。
見ているうちに肩入れしてしまうというか、境遇に同情してしまうのですね。
こんな誘拐犯が徐々に追い込まれていく姿はまるで手負いの獣。
はまり役だと思います。

あと、主演のニコラス・ツェーは刑事で、例の事故で女の子を巻き込んでしまって自分を責めている役。

そういう理由があって誘拐される女児を守らなければ!と女の子に執着するんだけど、こだわり具合が刑事の域を超えている…。
でも変態には見えないあたり、さすがだと思いました。
女児に異常な愛情を注いでも、やさしくてかっこいいお兄ちゃんに見えるんだよなあ。
得だ。

[ 2013/03/04 18:39 ] 香港・アジア映画 | TB(0) | CM(0)

「やがて哀しき復讐者」





DVDレンタルで「やがて哀しき復讐者」。

アンソニー・ウォン演じる不動産会社のワンマン社長。
娘が誘拐されるけど、それすら自作自演じゃないかと疑う傲慢さが悲劇を…。

で、復讐の鬼と化す社長。
それをサポートするのが敏腕ボディガードのリッチー・レン。

ジョニー・トー関連映画のリッチー・レンは例外なくすべてかっこいいけれど、このリッチーもすこぶる男前。

誰も信用しない社長ですら一目置く忠実な側近であり、刑事並みの観察力に捜査力、さらに裏社会にも通じ、銃の扱いはうまいわ、汚れ仕事も淡々とこなすわ、もう完璧。

DVD特典のインタビューでは、アンソニー・ウォンが「リッチーは殺人を犯す役だけど紳士に見えるんだ」と!!
殺人犯なのに紳士ですよ!!
かっこよすぎてくらくらしませんか!?

こういうリッチー・レンをもっともっと見たいです。

[ 2013/03/01 22:45 ] 香港・アジア映画 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。