へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「CUT」


「CUT」



ちょっと前に横浜シネマジャック&ベティで「CUT」を見てきた。

ひとことで言えば、頭のおかしい映画(笑)。
映画という芸術にとりつかれた映画監督が、商業主義に走ってる映画業界に見せつけるように、映画のためにひたすら殴られる映画。
ああ、クレイジー。

もうね、これは監督から観客への挑戦状だと思いました。
映画ファンの情に訴える作品。
映画好きが共感できないわけがない。
だからこそ、映画が好きな私たちは厳しくこの映画を見なくてはいけない。

そう、たとえ、西島秀俊が殴られてボロボロになったのを見て、思わず手を差し伸べたくなっても、じっと我慢しなくてはなりません!
情にほだされたら負け!
劇中の常盤貴子のようにハッと我にかえるべし。

あと、ブレッソンの「少女ムシェット」を主人公が自身の体に投影するシーンがあるんだけど、ここで主人公や監督といっしょになってナルシスティックな自分に酔ってうっとりしてもダメです!
ムシェットの気持ちと同化したら負け!

そして、ラストの100本連打。
映画のために、正しくは残りの借金を返すために、主人公は100回殴られます。
ぼんやりしていく意識の中で、1発殴られるたびに、映画1本を思い浮かべる。
映画のために殴られるのです。

この時、スクリーンには映画の英語タイトルと監督名がクレジットされるんだけど、まあ、映画ファンとしては条件反射で英文を目で追って邦題を考えちゃいますよね。
で、見ているうちに、殴られる刺激と名画の魔力が融合して、なんだかわからないけど、感動してしまうわけですよ。

あれ?私メルヴィルのためなら1発くらい殴られてもいいかも?なんて思ったら完璧に負けです。

監督に完敗。

決して見ていて面白い映画じゃない。
でも、映画に対する常軌を逸した情熱をストレートにぶつけてくる作品。
その情熱に打たれるのは理屈じゃない。
映画をお金に換えるということは、映画のために魂を売るということは、こんなにも痛いのだと感じさせてくれる1作。

スポンサーサイト
[ 2012/01/29 00:13 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)

01/01

旧年中は大変お世話になりました!
本年も古本道楽堂をよろしくお願いいたします。

さて、毎年恒例の映画マイベストです。
いつもまったく役立たないリストですみません。
とはいえ、2011年は好みの映画が多くて映画を見るのが例年以上に楽しかったです。


【1位】「ファンタスティックMr.FOX」
ウェス・アンダーソンの作りこまれた画面に目が釘付け。



【2位】「孫文の義士団」
王道をがっつり行きつつド派手アクション炸裂な大活劇!!



【3位】「スマグラー」
安藤政信の本気を見た。前向きってどっちが前だかわかってんのか?



【4位】「ハンナ」
ジョー・ライトの意外な一面。タイトルバックがかっこいい!



【5位】「ソーシャル・ネットワーク」
ストーリーテリングの見事さに一票。ラストのビートルズが最高。



【6位】「アンストッパブル」
列車を主役に据えた潔さに完敗。暴走列車に惚れ惚れ。



【7位】「ゴーストライター」
異国感あふれるポランスキー世界にあれあれと巻き込まれるユアン…。



【8位】「アジョシ」
ハードボイルド質屋・人情派。こんな質屋に弟子入りしたい…。



【9位】「軽蔑」
若くて愚かな2人の逃避行。新宮の風景の美しさとやるせなさ。



【10位】「マネーボール」
ぐいぐい引き込んで一気に見せる語り口のうまさ。夢中になって見た。
マネーボール(ブラッド・ピット主演) [DVD]


[ 2012/01/01 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。