へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「マイ・バック・ページ」


「マイ・バック・ページ」



シネプレックス平塚で「マイ・バック・ページ」を見た。

ジャーナリスト(妻夫木聡)と革命家(松山ケンイチ)、本物に憧れてなりたいのになれない、なりきれない若者2人のやるせなさ。
主人公(妻夫木)の、見ているこっちまで鼻の奥がツーンっとするような嗚咽がなんともせつない。

それにしても、相変わらず(?)松ケンは暑苦しいほどの演技バカだ(褒め言葉)。
松ケン演じる梅山という男は、とにかく口が巧くて平気な顔で嘘もつく、虚言癖のありそうな、革命家きどりの嫌~な奴。
事件を起こした後だというのに、鮨をもりもり食べる様子の厭らしいことといったら!

これはもちろん松ケンの食べっぷりもすばらしいけど、山下監督のうまさもあると思う。
「松ヶ根乱射事件」でも「天然コケッコー」でも、そしてこの「マイ・バック・ページ」でも、監督は人間の厭らしさを描かせたら天下一品だ。

一方、妻夫木聡演じる主人公・沢田は、松ケンと反対で(?)実に自然体。
表紙モデルをするほどの美少女と編集部で2人きりになってお茶をスッと出す仕草も、映画館でひょいっとパンフレットを買ってあげたりするのも、息をするようにナチュラル(言いすぎ)。

あとこの映画、川本三郎が原作だからだと思うけど、「真夜中のカーボーイ」とか「ファイブ・イージー・ピーセス」とか、映画がたくさん出てきて、映画ファンにはたまらない。
川島雄三ファンにはうれしいサプライズも(笑)。

主題歌はタイトル通りボブ・ディラン「マイ・バック・ページ」のカバーで奥田民生と真心ブラザーズ。
YO-KINGのまっすぐな歌声がいつまでも余韻を残す。

それから、沢田の部屋に飾ってあったLPジャケット!
ぼんやりとしか映らなかったけど、あれ「アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン」!
「マイ・バック・ページ」の入ってるやつ!
監督!芸が細かいです!

スポンサーサイト
[ 2011/06/16 00:25 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)

「軽蔑」


「軽蔑」



シネプレックス平塚で「軽蔑」を見た。

新宿・歌舞伎町から和歌山・新宮への逃避行。
夜の街を、荷物も持たず裸足で、ただただ手を引かれて走る走る。
カメラもいっしょに走っているかのような疾走感。
そして、闇を抜け出して太陽の下をトラックで走る開放感。
メリッサ・ラヴォーのささやくような歌声が心地いい。

最後の方で鈴木杏演じるマチコが「こうなるってわかってた」と言うけれど、この逃避行の結末はきっと誰もがわかっていたと思う。
わかっていながら逃げる2人は、本当に若くて愚かでどうしようもない。
でも、だからこそ、そんな2人の姿はキラキラ眩しい。

高良健吾演じる主人公は、ろくでなしだけど、どこか坊ちゃんぽいところの抜けないドラ息子。
彼がマチコを呼ぶときの「マチちゃん」という響きがいい。

彼を見守る喫茶店のママ役で緑魔子が出ていて存在感抜群。
彼女が浴衣の襟を直してあげる仕草をするだけで、高良健吾の男っぷりがしゅっと上がったように見える。

鈴木杏は文字通りの体当たり演技。
ホットパンツからスラッと伸びた足がほんとにきれいで、監督は彼女の魅力をよくわかってるなーっと思った。

あと、大森南朋も相変わらずよかった。
たぶんこの映画の中で一番のワルで鬼畜(笑)。
汚い大人を楽しんで演じているようにも見える(笑)。
まあ私も汚い大人になってしまったので、主役2人の行く末を見ても息詰まるほどの切なさや胸の痛みをあまり感じることはなかったわけだけど。

新宮の美しい海。
土砂降りの雨。
シャッターの閉まった夜更けの商店街。
あらゆるシーンでカメラの向こうの空気や温度が伝わってくるような、そんな息づかいの感じられる映画だった。

ラストショットの路地はきっと中上健次へのオマージュ。

[ 2011/06/09 23:57 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。