へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12/31

毎年恒例・超私的映画ベスト10。
2009年版選びました。
2009年は秋以降、あまり映画館へ足が向かなかったので、作品が前半に偏ってるかも。
毎回言ってますが、映画選びの参考には決してしないでください。責任持てません(笑)。

[1位]「ファニーゲームU.S.A.」
ハネケ監督による完璧すぎるセルフリメイク。
2009年最初の1本でノックアウト。



[2位]「イングロリアス・バスターズ」
2009年最後の1本。
70年代戦争アクションを踏まえつつ先が読めない脚本に拍手!



[3位]「インスタント沼」
三木聡監督なりの人生讃歌に共感。
モヒカン頭の加瀬亮!!



[4位]「ミルク」
ゲイとか関係なくすべての人に生きる勇気を与える映画。
ガス・ヴァン・サントはやっぱり天才だと思った。



[5位]「フロスト×ニクソン」
じわじわとニクソンを追い詰めるフロストに目が釘付け。
派手さはないのに手に汗握る緊迫感。



[6位]「サマーウォーズ」
アニメーションだけど、今年最も映画らしかった日本映画。
描かれる日本家屋も美しい!



[7位]「チョコレート・ファイター」
少女ジージャーのハイキックと阿部ちゃんの渋さに乾杯。
タイアクションの本気度はまだまだすごい。



[8位]「ハゲタカ」
TVシリーズのファンだけど映画版も大満足。
大森南朋はいいなあ。



[9位]「レッドクリフPARTII」
爆破シーンがクレイジーすぎて感激。
ジョン・ウー監督、いつまでもそのままでいてください。



[10位]「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
いや、もう、理屈じゃなく、これが一番泣けたから。



[番外]「フェルショー家の長男」
新作じゃないけど、貴重な本邦初公開。
JPメルヴィルのアメリカ好きとJPベルモンドの残酷さがすばらしい。

スポンサーサイト
[ 2009/12/31 00:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

12/23






神が来日する。

この雑記を長く読んでくださっている方はおわかりだと思うが、私が息を吐くようにナチュラルに「神」と言うのは、ボブ・ディランのこと。
神様みたい、とか、神様のような、とかいうのはいろいろな人に使うけど、神そのものはディランだけ。
すなわち、ディラン教(こわいってば)。

そんなディランが3月に日本ツアーをするという。
しかもライブハウスツアー。
ありえない。
しかもライブハウスってのは前回の来日公演時にディラン本人から出た提案らしい。

前回の来日公演(東京国際フォーラム)で、「ライク・ア・ローリング・ストーン」をやったら、それまで指定席でおとなしくしていた観客がステージめがけて一斉に走り出したことがあった。
そのとき、エキサイトしたファンたちの真ん中で、ディランは顔色ひとつ変えずにギターを弾いていて、その表情からはディランがどう思っているのかわからなかった。
まあ、翌日の公演(←通ってる)では警備がしっかりしていて突撃できなかったから、やっぱりダメってことかなと解釈したけど。
でも、今回は本人の希望でライブハウスでというのを知ると、案外、ディランもそういうノリを楽しんでいたのかもしれないなと思った(笑)。

それにしても、ディランはすごい。
公式サイトをたまにチェックしていると、ライブスケジュールが出ているんだけど、1年の2/3はツアーしてるんじゃないかってくらい、もう何年もツアー、ツアー、ツアー。
クレイジーだ。
まさに、ネバーエンディングツアー。
この人はきっと死ぬまでツアーを続けるつもりだと思う。
転がる石のように(って、くさい?)。

[ 2009/12/23 16:49 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

「イングロリアス・バスターズ」


「イングロリアス・バスターズ」



近所のワーナーマイカルで今週いっぱいで終了の「イングロリアス・バスターズ」。

うーん。面白い。
タランティーノだから、70年代戦争アクションへのオマージュにあふれているし、アクションの切れも抜群だし、音楽はマカロニ調で無駄にドラマチックで最高だし、そして何よりストーリーが面白い。
小ネタとかディテールの面白さはもちろんだけど、おそらくこれは脚本の勝利。

ナチスドイツの迫害から逃れたユダヤ人少女の復讐劇と、ナチスを殺しまくる特殊部隊イングロリアス・バスターズに課せられた極秘任務が、パリの映画館で見事にシンクロする話なんだけど、次のシーンではどうなるのか判らなくてドキドキハラハラし通し。

どこを切っても、70年代アクション映画を感じさせる作りだから、あっちでくるかな?いや、でもここはこっちだろうと、様々な映画を思い浮かべて展開を予想する楽しみがあると同時に、映画好きの予想を良い意味で裏切ってくれるストーリー展開に脱帽。

王道の設定を踏まえつつ、次に何が起こるかわからない映画って、なかなかないと思う。
これは面白いわ(何度でも言いたい)。

あとね、ナチスドイツがユダヤ人の得意分野(映画)に戦いを挑んだというのを強調するあたり、ハリウッドの映画人へのゴマスリというか、賞狙いかな?という小狡さが見え隠れするようで、タラちゃんのたくましさを感じた(笑)。

[ 2009/12/16 00:24 ] アクション映画 | TB(0) | CM(0)

ザ・クロマニヨンズ@横浜BLITZ


ザ・クロマニヨンズ@横浜BLITZ



午後早めに発送を済ませて、そのまま横浜BLITZへ。
ザ・クロマニヨンズのライブ。

最初は別に深い考えもなくのほほんとやや前寄りの真ん中あたりに待機していたんだけど、ライブが始まったら、どどどーーっと人が後ろから右から左から押し寄せて大変なことに(笑)。

押されまくって、身動きはとれないわステージは見えないわ演奏はまともに聴けないわ、さらには、みるみる周りの空気が薄くなってきて酸欠状態で意識が遠のいて……。
いろいろやばいので、少しずつ、ゆるゆると後方に撤退(ヘタレ)。
あれはマジで命の危険を感じた(笑)。
真ん中であれだったら前方なんてどんなことになってんだろ…。
若者のパワーすげえ。パねぇっす。

で、5曲目あたりからやっと普通に跳ねまくりのライブに(それでも激しい方だと思うが)。
今回のアルバム「MONDO ROCCIA(モンドロッチャ)」はデジタルの時代にMONO録音のこだわり盤で、全体34分しかない。
ヒロトいわく「アルバム全曲やっても30分で(ライブが)終わっちゃう」と(笑)。

結局1時間半弱で24、5曲位か。
MCほとんどなしで時間ぎゅうぎゅうに曲を詰め込んだ怒涛のライブ。
もうね、MCとかあると「その間に3曲できるだろ!」と、ペキンパー映画を見たハワード・ホークス(マニアックすぎる例え)みたいなことを思ってしまう私には理想的な最高のライブ。

あと、やっぱりギターの生音が頭からギュイーンっと突き刺さるみたいでよかった。
ああこれ、これだよなあと、忘れかけていたものを思い出すような(何それ)。
マーシーのギターの音、派手ではないけどツボを押さえてて好きだなあ。

今回のツアーはあと2回行く予定(え!)。
冬から春にかけてすでにクロマニ貧乏決定。

[ 2009/12/08 23:38 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)

「悲愁(1959)」


「悲愁(1959)」



スーパーで目新しい野菜を見かけるとついつい買ってしまうのだが、最近のヒットは、わさび菜と万能なめこ。
わさび菜は、その名の通り、わさび風味の青菜で、サラダにするとおいしいと書かれていたけど、炒めた方が風味がよく出る感じ。
万能なめこは、しめじのくらいの大きさのキノコで、これも炒めるとコリコリして、全体があんかけみたいになっておいしかった。


録画した「悲愁」を見た。
デボラ・カーとグレゴリー・ペック共演で1959年の映画。

「グレート・ギャツビー」や村上春樹でおなじみの作家、F・スコット・フィッツジェラルドをグレゴリー・ペックが演じている。
で、彼と不倫するコラムニスト役にデボラ・カー。

どどーんっと横に長いシネマスコープと当時特有のくすんだ色合いのカラー映像が美しく、惚れ惚れしつつ見た。
まあ、内容は良くも悪くも壮大なメロドラマで、少々退屈もしたけれど。
同じ壮大なメロドラマでも、これがデヴィッド・リーンの映画なら全然退屈しないんだけどなあ(この映画の監督はヘンリー・キング)。

途中、まるで「地上より永遠に」を思い出させるデボラ・カーの黒い水着姿が上品で、この人は「王様と私」の先生や「黒水仙」のシスターのような優等生役よりも、本作のようにちょっとくだけた方が私は好き(くだけても下品にならないから)。

あと、一世を風靡したフィッツジェラルドという作家が、お金のためにハリウッドで脚本家になろうとしてもがき苦しみ、再び小説を執筆するまでの葛藤がドラマチックに描かれていて興味深く見た。
破滅型の作家だったのかなあ。

[ 2009/12/05 00:06 ] その他の映画 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。