へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「アイム・ノット・ゼア」


アイム・ノット・ゼア オリジナル・サウンドトラック



 渋谷シネマライズで「アイム・ノット・ゼア」。6人の俳優がボブ・ディランを演じるというので、何ヶ月も前から前売り券を買って楽しみにしていた映画。

 結論から言えば、ディランファン以外には薦めない映画。でも、ヒース・レジャーの遺作だし、ケイト・ブランシェットがディラン本人よりも数段男前だし、全編を流れるディランの楽曲は文句なしにかっこいいし、あれ?意外とディランファン以外にもイケるかも・・・(どっちだ)。

 いや、それでもね、「ノー・ディレクション・ホーム」と「ドンド・ルック・バック」を見た人じゃないと、理解するのは難しい映画だと思う。だって、ちゃんとストーリーがあって、登場人物がいて、というタイプの映画ではないから。6人の俳優が演じるのはすべてディランの象徴というか心象風景であって、トッド・ヘインズ(監督)がディランの半生を詩的に散りばめたコラージュという感じ。

 で、ディランファンとして面白かったのは、各エピソードがそれぞれ楽曲の背景を説明してくれていて、あ、この歌ってこういう状況で作られたのか~っと想像できること。ディランの歌を知るための映画だなあと。

 でも、ヒース・レジャー演じる若きディランがラブラブなところで「I WANT YOU」はわかりやすく甘すぎで笑った。あれくらいベタベタなノリだったら、キャメロン・クロウの方がうまい。「バニラ・スカイ」はトム・クルーズとペネロペ・クルスが「フリーホイーリン」ジャケットのシチュエーションを真似てるだけなのに、ちゃんとディランだもん。

 それから、淡々と記者の質問に答えるベン・ウィショー。「ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男」ではキース・リチャーズを演じて、今回はディラン。あまり外見を変えてないのに、雰囲気でそれっぽく見せているのがうまいなあと。「パフューム」の変態殺人鬼もよかったけど(笑)。

 しかし何はなくとも、2時間半ずっとボブ・ディラン。冒頭の「メンフィス・ブルース・アゲイン」からエンドロールの「アイム・ノット・ゼア」まで(間違ってたらごめん)全部ディラン。ディランファンとしてうれしくないわけがない。
 ちなみに、映画見る前から2枚組のサントラも聴いていたけど、この「アイム・ノット・ゼア」はディラン本人よりソニックユース版の方が断然いい(と私は思う)。あ、オリジナルよりカバーがいいのはいつものことですか?(でもそんなディランが好き)

スポンサーサイト
[ 2008/05/26 13:05 ] 音楽映画 | TB(0) | CM(0)

「大いなる陰謀」


サントラ/オリジナル・サウンドトラック「大いなる陰謀」



 6本映画を見たら1本タダというポイントが貯まったので、近所のワーナーマイカルで「大いなる陰謀」。

 ロバート・レッドフォード7年ぶりの監督作。事前に見た予告編からはなんだか説教くさそうなイメージがあって、直前まで「スシ王子」とどっちを見るかで悩んだが(極端すぎる選択肢)、こっちにしてよかった。

 いや、確かに説教くさいんだけど、レッドフォードが監督してると思って見ると、不思議と説教くささを感じない。むしろ、スクリーンから溢れ出る正義感が爽やかですらある(笑)。
 実際、レッドーフォード本人も大学教授役として出演していて、才能あるのに楽な方へ流れようとしている若者(この俳優がまたかっこいい)に延々と説教をする。それでも、レッドフォードだから嫌味がない。まったく得なスターだと思う。

 しかも、部屋に飾ってある教授の若い頃の写真がブラッド・ピットに見えたんだけど、あれってブラピですか?(ちがったらごめん)
 仮にブラピだったとして、ブラピを自分の若い頃と言い張ってもまったく嫌味がないスターはレッドフォードぐらいだろう。年をとっても本人が未だかっこいいのだから、まったく文句のつけようがない(笑)。

 で、映画は、大統領の椅子を狙う若手政治家(トム・クルーズ)と敏腕ジャーナリスト(メリル・ストリープ)の緊張感漂うインタビュー取材シーンと、レッドフォードと生徒の面談シーンと、レッドフォードの教え子で戦地に赴いた若者2人の戦闘シーン、この3つがパラレルに進行。
 そして、この3つのシーンはすべて同じ1日の出来事として語られる。

 自分たちに出来ることはないかと問題意識に燃えて戦地へ志願したマイノリティの若者たちと、将来にいくらでも可能性があるのに目の前の遊びに夢中な白人青年、そしてそんな若者たちの運命を左右する立場にある政治家は戦場とは無縁の小奇麗な部屋で理想論をぶちまける。

 もう、しつこいくらいに「これでいいのか?」とレッドフォードに真正面から問題を突きつけられる2時間。この人、照れもなければ小細工もなし。ひたすらまっすぐに疑問をぶつけてくる監督だ。
 はっきりいって、この正義感と問題意識がうっとうしい。うっとうしいのに、嫌味がない。やっぱり、レッドフォードは男前だ。

[ 2008/05/08 23:56 ] その他の映画 | TB(0) | CM(0)

05/03-05/05

 毎年GWはなぜかパンフ部屋の大掃除or大改装が恒例になってしまったような気が(涙)。

 で、今年は新たにスチール棚を購入し、部屋ごと在庫を移動してしまおうという無謀で気の遠くなるような計画を半月ぐらいかけて練った。

 まずはパンフ部屋の隣の寝室にあるベッドを解体して部屋の外へ運び出し、新パンフ部屋となる場所を空に。
 そして、購入した中軽量スチール棚を4本組み立てる。と言うのは簡単、書くのも簡単、しかしハンマー1本で大型棚を4本作るのは思った以上に重労働で、夕方には早くも筋肉痛が・・・。夕飯時、箸を持つ腕がぷるぷる震えているのが我ながら怖い(弱)。

 そんな苦労を経て、助っ人Sの手を借りてなんとか棚4本を半日掛かりで完成。



 翌日からせっせと在庫を移動。棚4本(両面使って本棚7本分)にパンフがぎっしり。床が抜けないか、それだけが心配・・・。



 と、まだまだ未整理在庫がありますが、目録掲載商品に関してはとりあえずサイズ別・50音順に並べたので、いつでもどこでもスッとご注文の商品をお出しできるかと。みなさまのご注文、心よりお待ちしております。

[ 2008/05/05 21:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。