へっぽこ店主の日々雑記

映画パンフレット専門のオンライン古本屋「古本道楽堂」店主のへっぽこ雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ドラゴン・ブレイド」

1453174388.jpg



ジャッキー・チェンが製作・アクション監督・主演を兼ねた歴史アクション大作。

ジャッキー率いるシルクロード警備隊の守る砦に、ジョン・キューザック率いるローマ軍が逃げてくる。
それを追うエイドリアン・ブロディ。

そして繰り広げられるシルクロードにいる中国人を含む36の部族と、遠征してきたローマ軍の交流と死闘。
よくもまあ、これだけ壮大なスケールの物語を108分で収めたなあと、ダニエル・リー監督の手腕にひたすら感心した。
「砦」映画の大変な力作だと思う。

あとね、中国兵とローマ兵の交流が楽しい。
砦が破壊されて15日間で修理しなくちゃならないけど、さてどうするか?
と中国軍が頭を抱えているところで、ローマ兵が涼しい顔で「できるよ?」と。
で、サササーッと図面を引いて大がかりなクレーンを作ってしまったり、
ローマ帝国の技術を惜しみなく提供して、たちまち砦を完成させてしまう。

他にも武術対決も面白かった。
ジャッキーたちがカンフーの練習をし始めると、
対抗してローマ兵も剣の訓練を始める(笑)
で、中国兵VSローマ兵のガチな武術対決。
最後には双方たたえ合って仲良くなってしまうというね。
ベタだけど、こういう定番ネタをしっかりねじ込んでくるジャッキー組、好きです。

それに加えて、ジャッキーのソードアクションがふんだんに見られるのも本作の魅力。
流れるような剣さばきに惚れ惚れ。
ああ、いいなあ。
やっぱりジャッキーのアクションは工夫がいっぱいで見ていて本当に楽しい。
ジャッキーならではの、こういうハッピーになれるアクションはひさしぶり。

もちろん、エンドロールにはNG集も。
さすがジャッキー!とうれしくなる映画でした。

スポンサーサイト
[ 2016/03/10 00:49 ] 香港・アジア映画 | TB(0) | CM(0)

「地獄でなぜ悪い」

1396889616.jpg



「愛のむきだし」以来、初めて園子温を面白いと思いました(すみません)。

自主映画サークルの若者たちと、子役上がりの女優を娘に持つヤクザが出会い、
ガチな殴り込み映画を撮る……という、バイオレンスと映画愛を好き放題に盛り込んだ映画。

まず目を引いたのは、映画サークルのアクション俳優。
ブルース・リーのトラックスーツを着てるだけでポイント高いのだけど(笑)
なんといっても、その回し蹴りの速さにびっくり。
それもそのはず、よーく見れば坂口拓!!
若者のフリをしていたのでわからなかった(笑)
そりゃあ、いい蹴りしてるわけだよ!
拓さんだもん!
拓さん最高!大好きだ!!

もうこれだけで、この映画はOK。
園監督、アクションはいつも本気だものね。
後半の殴り込みシーンも気合十分。
ポンポンと頭だの腕だの何だのが宙を舞います。
容赦ないスプラッター描写。
しびれました。

他に、ドスの効いた娘役の二階堂ふみと、それにデレデレする堤真一、
ドMな星野源もよかった(笑)

[ 2016/02/28 00:27 ] 日本映画 | TB(0) | CM(0)

「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」

CZ3wipyWcAANa1b.jpg


ミュージシャン遠藤ミチロウが60歳になった自分を撮ったドキュメンタリー。
遠藤ミチロウによる遠藤ミチロウ。

始まる前から緊張で震えた映画は久しぶりだった。
スクリーンに叩きつけられたミチロウさんの生き様。
家族観、故郷への思いが、旅先で語られる。
そのすべてに圧倒された。
65歳(映画撮影時は60歳)で自分を曝け出すことの凄さ。
こんな大人に私もなりたいと憧れる。

中でも終盤のライブ映像は圧巻。
STALIN246は初めて見たけれど、キュウちゃん(The Birthday)とKenKen(RIZE)の凄まじいリズム隊に煽られたようなミチロウさん、すごかった。
拡声器を頭上に掲げる姿は神々しくさえある。
あのライブ、生で見たかったな。

あ、でも、一番印象的だったのは、奄美のフェスで、親子連れが遊ぶのどかな公園に響き渡る「オデッセイ」。
この歌ね、お子様にはとても聞かせられないような歌詞なのよ。
だからなのか(笑)絶叫するミチロウさん、ものすごく、ものすごーーく、楽しそう(笑)
こんな笑顔で歌うミチロウさん、見たことない(笑)
親御さんたち!お子さんの耳をふさいで~!と心の中で叫んだよね(笑)

それから、実家に帰ったミチロウさんとお母さんの会話が面白かった。
スターリン時代にご近所から「遠藤さんちのミチロウくん、気が狂っちゃって大変ねえ」とか言われていたというエピソード!
声出して笑っちゃったよ!(笑)

で、私ね、聴くべき音楽とか見るべき映画とか世の中にはなくて、みんな好きな歌聴いて好きな映画見ればいいじゃないって考えだったの。今までは。
でも最近立て続けにミチロウさんのライブと映画を見たら、ああ、聴くべき歌、見るべき映画ってあるんだなあって素直に思ってしまって。
実はかなり衝撃受けてます。
遠藤ミチロウ、すごいよ。

[ 2016/01/30 00:16 ] 音楽映画 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
音楽 77
日本映画 80
香港・アジア映画 46
ヨーロッパ映画 32
アクション映画 37
コメディ映画 21
音楽映画 19
その他の映画 34
映画あ行 44
映画か行 41
映画さ行 47
映画た行 39
映画な行 13
映画は行 53
映画ま行 16
映画や行 5
取材 82
未分類 178
過去ログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。